MENU

正しい就職活動の流れとは

就職の準備から活動の終わりまでを解説します。
正しい進め方、その過程においてのポイントをまとめてみました!

仕事

自分なりのイメージをつくって何度も頭の中でトレーニングしてみよう

就職活動をするためには「軸」を明確にすることが重要だといわれています。
もっといえば、この軸こそがはじまりであり、転職の全て!だといっても過言ではありません。
それほど重要な事だと思いますので、しっかりと読んでみてください!

就職活動の軸とは、「将来こんな仕事がしたい」とか、「自分はこうなりたい!」という風な夢を考えることです。
そしてその理由をしっかりと頭の中で整理して、いつでも誰にでも、きちんと伝わるように言える様にすることが大事です。

面接をイメージするといいでしょう。
というか、面接の対策として行うイメージトレーニングだと思っておいていいです。
となると、たくさんの企業がある中で「どうしてこの企業を選んだのか?」という問いに対し自分の経験から最も説得力のある理由を示すことができる、というのも理想です。

企業側でもエントリーシートや面接で求めるのは、この軸がどうであるか?なのです。
就職活動をする上でこのがしっかりしていないと、「この人はブレている」、「軸がない」といった理由で落とされてしまうでしょう。

つまりは対1人の人間に対しての第一印象とでもいうべきでしょうか。
それをしっかり伝えることで信頼や信用を得る、という事がまず大事なポイントになるのです。

次にこの軸を基にして面接をイメージし、面接官がどのように自分に質問をしてくるかをシュミレーションしてみましょう。
何度も何度も色々な角度から、質問を変えて、何通りも考えて、それに対しての自分の考えを整理していきます。
そしてどんな場合も瞬時に適切な答えをはっきりと言えるようにするのがベストです。

逆の立場になったつもりで、自分が面接官になったら、どんな人が印象がよいか?こんな考え方を持っているならぜひ採用してみたい!と思えるようなら安心ですね。

履歴書はどんな人間なのかを明確に!

仕事


会社の求人へ応募するとき、履歴書などの書類を用意しますが、これは書き方次第で他の応募者と大きく差別される部分になります。
顔も知らない他人を、まずどんな人かと判断できる最初の材料がこの書類になります。
なので少しでも印象に残る文章を書いたり、インパクトがあった方がいいでしょう。

数多い項目の中で最も重視してほしいのが志望動機です!
志望動機になると書類を書く手が止まる…といった人も多いようですが、ここをしっかりと考えましょう。

注意する点は、熱意を強く伝えたいがために起こしてしまう独り善がりや自己満足的な文章になることです。
相手側は応募者の志望動機から何を読み取りたいと思っているのか…?それはこの会社に入りたい理由であり、納得感だと思います。
正直どこでもいい、みたいな人を採用したくはありません。
自立自走ができて十分に力を発揮してくれる!そんな人を求めているのです。

この会社で何がしたい、何ができるか?難しく考えてしまうでしょうが、できるだけシンプルで分かりやすく更に気持ちや志が伝わる風に工夫してみましょう。

面接で聞かれることに瞬時に答えられる決定力を鍛える!

お互いに相手の事を何も知らない状態から、その人を良く知るためには、過去の経歴であったり仕事で得た結果などが判断材料になります。
先に話した履歴書等の書類では、それをアピールすることもできますが、実際にはどんな性格であるかという人格までは分かりかねるでしょう。

中でも面接はとても大事なチェックポイントになること間違いありません。
直接相手と向き合い、会話の中でどんな人間か、どのような考え方を持つ人なのか?それを知ることができます。
先にも話しましたが、志望動機などは必ずといっていいほど面接では聞かれるでしょう。
ここでは面接自体も含めた関連する注意点について記載してみます。

受付で既に面接は始まっている!?

まず面接時の受付でも、ハキハキと明るい感じにすることを心がけてください。
意外と事務職の方は上司とコンタクトがあったり、後になってどの人が感じ良かった?などと聞かれる場合もあるそうです。
なので会社に一歩足を踏み入れた時点で、もうすでに油断は禁物なのです。

また受付の方といえ、入社をすれば同じ会社の社員です。
一緒に働く事になるかも知れない人に失礼な態度は厳禁だと考えてください。

控室では静かに待つ。

たとえ誰もいないにしろ、音や声が気になる場所です。
ここで私語が多かったり、おしゃべりに夢中になっていてはチェックされてしまう危険性があります。
なので基本的に控室では口を閉じておきましょう。
そして控室ではできるだけ面接の最終チェックをしたり自分の考えをまとめる!といったコトに集中してください。

いよいよ面接本番!

面接は自分の事や考えを伝える場所になります。
書類選考を通過している時点で相手はそれなりに自分の事を知っているし、評価もされているでしょう。
相手の期待を裏切らない、考え方や入社後のビジョンをしっかりと理解してもらえるようにアピールしてください。

また面接では思わぬ展開が待っていることもあります。
職種によっても面接で聞かれる事には違いが出てくるでしょうし予想が付く範囲というのはかなり幅の狭いものだと考えておいてください。

気をつけたいのは、どんな角度から質問が来ても、「焦らないで冷静に対応する」という点です。
とにかく言葉に詰まらない事を心がけてください。
一定時間黙ってしまうよりは、わからない事はわからないでいいし、もう一度質問を聞き返してもいいです。
この時も当然ですが、相手に同じ事を2度言ってもらうことになるので、それなりの言い方にしなくてはいけませんが、恐らく相手は、より丁寧に質問をしてくれるはずですので、その間に自分の考えをまとめるといったやり方もありだと思います。

たとえ一瞬考え詰まっても、それをいち早く切り替えれる決定力(判断力)が大事です。
自分なりの考えをただ一方的に伝えるのではなく、相手の気持ちを大事にした上で受け答えができればベストです。

些細な心づかいも高評価に繋がる!

仕事


身だしなみやマナーは基本的な事ですが、どんなところに気をつかえばいいでしょうか?
爪が伸びていないか、ヘアースタイルは、服装は?色々ありますね。

あとは名刺入れなどを準備しておくのもおすすめです。
自分の名刺はなくてもいいですが、相手に頂いた名刺なら、ポケットに入れるにはちょっと印象が良いとはいえません。
名刺入れを用意してそれに入れれば、他よりかなり気を配れる人だという風に思ってもらえますよ!

面接での第一印象というのは最初の5分で決まってしまうといわれています。
しかも最期までその状態は続くといわれているため、最初がとにかく肝心です!
格好は清潔感のある服装や髪形であれば問題ありません。

最も重要なのが面接開始時の挨拶です。
照れや恥じらいを捨てて、あってもいいですが、あなたを一発で印象づけるのがここです。
名前を名乗ったら、その後に一言つけたしてみるといいと思います。
例えば、「今日は私のために時間をとっていただき、たいへん恐縮です。」
ユーモアは要りません!特にはじめは無いほうがいいです。
最初は真面目だと思わせるのが無難だからです。

面接の中で会話が弾んだ時には、色々な方向から攻めてみるのもいいでしょう。
自分の腕次第 喋り方次第ですが、何通りもイメージし、トレーニングしておくことで、本番はきっと努力が認められる結果になるはずです。