MENU

未経験の仕事への転職と抱える不安

わたしもそうでしたが、異業種への転職には不安はつきものですね!
特に30代も半ばになり40が見えてくることで、より不安は大きくなっていくものです。

結婚や出産をきっかけに、一度は長期で就職をしていなかった時期もありましたが、どうしてもお金が必要になり、いくつかアルバイトも経験しました。

元々一度辞めた職場への復帰など考えてはいなかったので、どうせ転職をするなら きちんと社員としての就職!とも考え就活もしましたが、なかなか上手くいかず・・・

ハローワークの求人でもすぐに見つけられなかったため、派遣会社にも登録をしてみたのですが、あまり自分の理想と合った仕事をすぐには紹介してもらえませんでした。
それでも運よく知り合いの紹介があって経理のお仕事をアルバイトとしてすることになったのです。

はじめての経験なので不安だらけではありましたが、割と簡単な業務ばかりが多く、さらに指導してくださった方が親切だったのがよかったのでしょう。
これが意外と自分に合っているのでは?と感じてしまい、できればそのまま就職できたらなぁ…なんて思っていたのですが、こちらは産休の代理だったのでダメでした。

事務職って割とカラダは楽なので続けられる気がしていたし、パソコンを使って打ちこみをしたりするのは好きだったから次の就職先は事務かな?と、この時は思いました。

またパソコンで出来る仕事といえば、プログラマーやSEなんてカッコイイと思いますが、そこまでの知識はないので諦めました。
実はハローワークでよくお話を聞いてくれる職員の方がいて、その人と話をしている時に、こんな地方の田舎では珍しい、とあるシステムエンジニア募集の会社で面接をしてもらった経験があるのです。

もちろん求人には経験者とありましたが、私には経験も知識もありませんでした。
ただ特記事項にやる気のある方、一生懸命学ぶ意欲と姿勢のある方!と、書いてあったのでそこを押してみたのです。
一応パソコンの基礎やデザインには少し自信があったのでそこらへんも含めて説明し説得してもらったのです。
結果は不採用でしたが、とてもよい経験ができたと自分では思っています。
なので求人票の内容は必ずしも真に受けずに、柔軟な気持ちとゆとりある対応ができれば印象もよくなっていいのかな?なんて思いました。

因みにその後に新しい就職先が決まって働きだしてからのことですが、登録をしていた派遣会社から電話があり、とても魅力的な求人情報を紹介してくれました。
時既に遅し!でしたが、その後も何度か連絡があり、「あれからどうですか?」「こんな仕事もありますが…」という風によくしてもらっています。
なんなのでしょうか、このタイミング!?って感じでした。
世の中 焦って何かを探しても見つからず、ゆとりと余裕ができた時に、きっと良い運も回ってくるものなのだろう!と強く感じましたね。